« テイエムプリキュア(8番人気)が優勝 第57回阪神ジュベナイルフィリーズ | トップページ | 迷惑メール »

2005/12/05

なあに、かえって免疫力がつく 

1 :水先案名無い人:2005/11/24(木) 18:28:02
ID:PvzknxcN0

 源平富士川の合戦でもあるまいに、鳥の羽音に驚くような、最近の
鳥インフルエンザ騒ぎを苦々しく思っていた。そこへ今回のタミフル騒動だ。

パソコンまでが「民降る」と誤変換するほどの情報パニックから、そろそろ
醒(さ)めてはどうか。

 今回の騒ぎは、米食品医薬品局(FDA)が副作用で死亡した十六歳
以下の服用者十二人は全員が日本人だったと発表したのがきっかけ。

本紙特報面によれば、スイス・ロシュ社の調査で、過去五年間にタミフル
の処方を受けた日本人は二千四百万人、世界の77%を占め、子どもへ

の処方量では日本は米国の十三倍だった。

 医師も患者も、日本人の薬好きにはあきれるが、タミフルは本来インフル

エンザ発症後の治療薬。それをこんなに大量に“予防内服”に使えば
「免疫力が弱まって耐性タイプの新型ウイルスをつくりかねない。とんでも

ない話だ」と専門家も指摘している。

 厚生労働省はタミフルの備蓄目標を従来の一・七倍、二千五百万人分

に増やしたが、世界各国が必要とする時にこの大量消費は国際批判を
招きかねない。

 だいたい日本ではまだ人への感染が確認されていないのに、そんなに
怯(おび)える必要があるのか。普通の風邪なら、栄養と睡眠をとって

休めば済むのに、高価なインフルエンザ専門薬を予防服用する必要は
なかろう。

 かねて風邪気味のときは、ニンニクをこってり利かせた焼き肉を食べる
に限ると教わり、以来、風邪対策の特効薬代わりにしてきた。キムチは

最近、寄生虫卵騒ぎで不評だが、なあに、かえって免疫力がつく。

ソース(東京新聞・筆洗)

http://www.tokyo-np.co.jp/00/hissen/20051124/col_____hissen__000.shtml


なあに、かえって免疫力が付くの元ネタってこれだったのか。

|

« テイエムプリキュア(8番人気)が優勝 第57回阪神ジュベナイルフィリーズ | トップページ | 迷惑メール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90092/7469764

この記事へのトラックバック一覧です: なあに、かえって免疫力がつく :

» 死にかけた!インフルエンザ、タミフル その2 [*創太とハハのほのぼの親子バトル*]
ハハです。 創太が幼稚園の年長の時です。 インフルエンザによるものか、タミフルによるものか分かりませんが、 創太はもうすこしのところで死ぬところでした。 (この記事については、笑いのネタはございませんのでご了承ください。) ≪2回目のインフルエンザ≫ 2月24日(1回目のインフルエンザA型が完治して、2週間ちょっとの頃) 朝5時 微熱があることに気づく。 朝8時 熱は、38度5分に。 (前回のリベンジと�... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 12:55

» タミフル [七五白書 (しらけないために)]
 世界中が 鳥インフルエンザの不気味さにおののく中、治療薬として製造が追いつかないほど引っ張りだこなのが「タミフル」です。  先のAPECでも最大のテーマとなり、各国は1年以内に対応計画をまとめることになりました鳥インフルエンザですが、アジアでの感染者は130人にのぼり、半数以上が亡くなり、中国でも鳥から人への感染が初めて確認されました。  さらに恐ろしいのは、それが変異して、人から人にうつる新型の�... [続きを読む]

受信: 2005/12/05 14:47

« テイエムプリキュア(8番人気)が優勝 第57回阪神ジュベナイルフィリーズ | トップページ | 迷惑メール »